昨日死んだ

コミュ障なので面白いことが言えない根暗なブログ

クレイジーな環境を乗り越えたワケを今知る。

お久しぶりの更新です。

本日から新しい仕事が始まりました。

それまではたまっていた仕事を片付け、多忙な日々を送っておりました。

 

以前というか今もですが働いている仕事は

深夜帯の接客業です。

兎に角客層が悪く、深夜の仕事、拘束時間も長く

なんと言ってもブラックで、余りにしんどい。

自分の年齢を考えても、本当にやりたい仕事に

就きたいと考え、一念発起バイトから仕事を見つけました。

 

今日はその初日で、特に目新しかったのは朝の出勤です。

前の仕事は夕方からだったので、ラッシュアワーは初めてでした。

あれを毎日、日本のサラリーマンは本当企業戦士だなあと思いました。

 

仕事自体は好きな事で楽しく、新しい発見がたくさんありました

 

 

人間関係って難しい・・・・!

 

以前の職場はブラック企業だけあって

イカレた人がとにかく多かったんです。

最初の店長のあだ名は暴君。

とにかく感情の起伏が激しく、すぐキレます。

殴られたりはありませんでしたが、怖くて仕方ありませんでした。

理不尽な事でキレられるのは日常茶飯事。

何度仕事を辞めようと思ったか、胃が痛くなったか。

それでも続けたのは、メンヘラから社会復帰して

最初の正社員であったこと

その仕事前にはいくつものバイトを途中で放棄していました。

その度に強い自己嫌悪に陥っていましたし

ここで頑張らなければ、あたしは一生、マトモに働けない

落伍者であると思っていました。

ここにしがみつくしかないと強く思った記憶があります。

 

もう一つは、その店長以外の人たちが温かく向かい入れてくれて

相談に乗ってくれたからに他なりません。

ほとんどの人はもう退職されてしまってますが

今でもその雰囲気は受け継がれていますし

寧ろ今の店長がめちゃめちゃ優しいのです。

とにかく人間関係だけで言えば、これ以上ない働きやすい職場でした。

 

しかし今日の職場は・・・・

もともと面接した段階で面接してくれた男性がかなり

だらしない印象を覚えていました。

恰好にこだわらない自由な社風とも言えますが

ヨレたTシャツでしたし、面接での説明も長くわかりづらいものでした。

それでもやりたいという気持ちから今日出勤したのですが

想像以上でした。

 

何でも変な期待は持ちすぎてはいけない、という事ですね。

会社自体はフロアも綺麗でしたが不満点がかなりありました・・・・

  • その社員さんは仕事を簡単だからと教えてくれたけど、教え方が下手なのか抽象的すぎる
  • 確認してもボソボソしゃべってて聞き取れない
  • そもそも笑わないし、受け入れようという姿勢がない
  • もう見た目が怖い
  • 言葉が冷たい・・・・
  • 館内の案内もなく、昼食をとる場所も簡単な説明のみ。
  • 挙句シフトが決まってないので今後もまだ未定
  • その部署にはその人しかいないので、相談相手が他にいない。

でした。

 

相手の教え方が下手なのは確かですが、未経験なあたしも

本当仕事が出来ないとは痛感しました。

しかし如何せん初めてなのでせめてテンプレートでもあれば

良かったのですが、抽象的な説明が多すぎた・・・・。

あたしが仕事出来ないのも確かですが、

そこで仕事出来ない、だけじゃなくてどうやったら

覚えてもらえるか考えても欲しいし

もっと話し合う姿勢が欲しいなと思いました。

 

社会に出れば様々な人がいますし、クレイジーな社員と

仕事してきたので、まあ大丈夫だろう

あれ以上酷いのはそうそういないだろうと思っていました。

もちろん、暴力暴言などはありませんし、ただ顔が怖いだけ

かもしれません。

別に遊びに行ってるわけでもないですし、仲良しこよししたい

というワケでもありませんが

あの態度では他の人はついてこないのでは・・・・?

感じざるを得ませんでした。

それもブラックでもない普通の企業なのに、です。

期待しすぎていたのかもしれません。

 

今までブラック企業でしか働いたことがないので

わかりませんが、普通の企業でも

アルバイトの扱いってこんな雑なものなのでしょうか

だとしたら日本にはホワイト企業は存在しないのかもしれません・・・・

 

あたしは今まで人の輪に加わるのが苦手でしたし

友達も少なく、現在はZEROです。

人見知りでコミュ障です。

それでも、独りでいるのは割と平気で

学生時代はよく独りで昼食を摂ったりしていましたが

さすがに便所飯はありませんでした。

 

ところがどっこい・・・・!

まさか社会人になってから30超えてから

便所でご飯を食べる日が来るなんて・・・・!

 

今日の為に朝一生懸命、お弁当をこさえて

行ったワケですが・・・・

もうどこで食事とっていいかわからず

近隣に公園もなく

一緒に食事を摂る人もおらず

居場所がないので、仕方なくトイレでおにぎり食べました。

 

聞けば良かったんですが、とにかく聞き取りづらい・・・・。

 

それだけではなく、シフトも決まっていない。

あたしも生活かかってるので非常に困りました。

何度か伝えはしたのですが。

そして相談できる相手が他にいない、というのが

一番大きいかもしれません。

 

結局いくらクレイジーな人間がいたとしても

それを分かち合う、相談しあえる相手がいれば

乗り越えられるんだなと

前の職場が恵まれていたことを

改めて痛感出来ました。

 

仕事自体は好きですし、ここ以外の職場が見つかるか

わかりません。

そういうのも織り込み済みで飛び込んだ業界です

ちょっとキツいなあというのが本音です。

 

どうなることやら。

とりあえず、帰宅して本音を話せたので安堵しました。

まあもういっそのこと無職でもとか思い始める・・・・