昨日死んだ

コミュ障なので面白いことが言えない根暗なブログ

無気力、人生やり直したい人必見の「最強伝説 黒沢」

下手な横好き!上等!!

 

別に人より熱意があるわけでもないけれども!!!

下手だっていい、やってこうじゃないかって

本当に好きな人はそもそも下手でも

大して悩まないと思うんですよね。

だって好きだし楽しいカラ!!

関係ねえな!って感じで。

 

はい、関係ないけど、

「最強伝説 黒沢」読んじゃったYO!

福本伸行先生の作品です。

最強伝説 黒沢は福本先生の作品なのに、

まずギャンブル要素ナシ!

すごく敷居が低い作品になってます!

本当にギャンブルのギの字も出てこない

本当誰でも読める漫画なんだけどね

読む人は選ぶかなとも思います。

 

「最強伝説 黒沢」どんな話?

主人公の黒沢はどこにでもいる?

44歳独身のおっさん。土木作業員?

はいここから少しヤバい空気が漂い始めましたね。

でもこのおっさんがどう活躍していくのかと

思うと思うのですが

別に異世界へ行くとか、起きた殺人事件を解決するとか

可愛い女の子に囲まれてラッキースケベとか

可愛い少女と甘酸っぱい恋愛をするとか

実は選ばし勇者で魔王を倒すとか

仕事でバリバリ働いて会社を起業するとか

 

そういう話

 

ではありません!!

 

44歳土木作業員独身オヤジの黒沢が

悩んで生きる日常を描いた漫画です。

でもそこは福本先生。熱いメッセージが

ちりばめられています。

 

無力感を感じている、人生を変えたい人に読んで欲しい

たぶんそうお金持ちでもない44歳独身の

おっさんの気持ち・・・・

想像は出来ても、どんなものなのか。

 

友達もいない黒沢は、ある日自分の人生の

虚しさに気づいて、人生を変えようと一念発起します。

今人生で何かもやりとして情熱が

足りないとか、人生変えたいって人が

読んでみるといいかもしれません。

 

やっぱり年齢を重ねると、人生を劇的に変化させる

のはどんどん困難になっていきます。

黒沢でも年齢のことは出てきます。

大きな成功も望めない。

でも何か変えたい。小さいことでいいから、と

黒沢は一歩を踏み出します。

不器用ゆえ、最初の一歩は盛大に勘違いされ

人から気持ち悪がられる始末。

でもその一歩から事態は少しづつ進展していくのです。

 

金なし、女なし、孤独な独身男性の哀愁

独身男性の孤独な日常って女性とやっぱり違う

と思うんですよね。

女性はなんだかんだ、友達や家族、話し相手居たりする人が多いです。

まあ結婚やら出産やら戦うものは多いですが。

でも金もなく、友人もなく、無趣味な独身男性って

知らないだけで悲惨な人も多分いる。

もちろん悠々自適、独身貴族もいるでしょうけど

彼女もいなくて、童貞とあればその心中は

察するに余りがあります。

あまり気にはならないけど、男性は童貞っていうのを

すごく気にしますし、精神病んじゃう人もいますからね。

 

そんな黒沢の日常。なんだかんだ当初の目的は

達成されたかなと思うのですが

道半ばって感じで連載は終わってしまいます。

今現在また連載が始まっていますので

読むのが楽しみです。

個人的に印象に残ったのは、仲根に語るどんづまり黒沢の悩み。

ふすまを開けると悩みがみっしり。

その悩みの多くってやっぱり皆抱えてるものだよなあって

思いました。

特に親の介護と老後ってそうそうすんごい

ズシリとくるよね…

黒沢では語られてないので、黒沢の悩みの一部に入ってて

ああやっぱそうだよねって安心しました。

 

男ということ、団結出来る共通言語

人望を手にいれたとしたら、寂しい黒沢の

人生を変えるといえばこれはもう

あとは恋愛と結婚、ではないでしょうかね。

物語の後半は、黒沢が思っていた事態と

どんどんかけ離れていくのもまた面白いです。

その中で、どう生きていくか、男とは

挑戦し続けることとか、そういう哲学的な話が

出てきます。

 

黒沢は、一つだけ誇れることがある、というように

「男」になろうじゃないかと呼びかけるシーンがあります。

性別が占めるアイデンティティーは女性も大きい部分が

あります。

女だからなんていうと、今の時代差別って叩かれるように

「男だから」と言ってる人は余り見ません。

男だから泣かない、なんてのはちょっと違うと思いますが

「男」であることを誇りに思っている人があまりいない気がします。

いても、例えば男だから風俗行くとか、そういうマイナスな

根源にしてしまっている。

漠然としていますが、かっこいい男ってそういうもんじゃない

と思います。

じゃあかっこいい男って?という部分を黒沢が教えてくれます。

女だから、家事育児って押し付けられるのはすごく嫌です。

でも女だから、誰よりも優しくとか、男を立てるという

部分があってもいいんじゃないかって個人的に思うのです。

女だから男に逆らうなとか、出世するなとかそういう事でなく

男と女の間にある暗黙というか漠然とあるイメージの

いい女。それであろうとする姿勢が大事だなって思います。

容姿だとかでなく、中身が。

ガニ股で歩かないとか、汚い話し方しないとか

女性として魅力的に見えるラインを大事にするってことですかね。

そういうのって作品になったりすると

途端に上手く伝わらず、古い女像とか言われたりもするんですが

メイクや見た目だけじゃなく中身もこだわろうよって

そういう作品が増えて欲しいとも思います。

 

女は多分そう簡単に団結出来ない

何にせよ、男性にはそういう共通の理想の男像

とかそういうものがあるんでしょうか。

きっとそういうものがあるから、ただそれだけで

理解出来る人は団結できる。

そしてそれがまたかっこいい。

それを羨ましいなって思うのです。

例えば、女性バージョンで言ったとしても

現代の女性のパブリックイメージみたいな

ものが多すぎて、誰もが共通して抱く

理想の女性像が少ないと思うんですよね。

価値観がありすぎるというか

 

峰不二子に憧れる女もいれば

男性に裏切られても強く生きる女性像とか

男性に頼らない出世するキャリアウーマン像とか

育児に専念する逞しい母親像とか

たくさんあるし、何を目指すか、なりたいかで

考え方も違うし、共有できる部分が全員一致しない。

でも男性像って昔からそんな変わらないんだと思います。

昔ほど、根性論が横行してなくても

かっこよくて強い男っていう理想像。

これは悪く言えば、男性の生き方の進歩のなさとも

言えるんですけどね。

だからいまだにくだらないセクハラなんかやってるアホもいるし。

それにかっこよくて強い男がモテるってのは

昔から変わらないですしね。

 

女として生きて、きっと昔ほど息苦しさって減ったとは

思うし、喜ばしいことでもあると思います。

でも女性像が細分化されすぎてしまって、

自由は自由、どんな女性にでもなれるのだけど

なんていうか同じ経験をした人同士しか

強固な繋がりを持てないんじゃないかなって思うのです。

 

かっこいい男であろうぜって同意し団結する男性は

多くとも、

女性の場合全員が峰不二子になりたい!とはならない

と思うのです。

キャリアウーマンになりたい人もいれば、いい母親になりたいとか。

だから男に裏切られたけど強く生きる女になりたいって

思う人がいても、同じ経験をした同性でないと

分かり合えない部分があると思います。

男は、男ってだけで共通言語になり得るのかなって

そういう団結力が羨ましいなって思うわけです。

女性ってもしかしたら案外孤独なのかもって。

 

また女性同士でも変にカーストがあったり、

マウントの取り合いになったりして、そう簡単に

心を許せないとかめんどうな人も多いです。

単純なことで喧嘩しても笑いあえたり

そのアイデンティティに強く残る男性としての

抑え難い保存本能、性欲なんかも共通言語に

なるのかなと思います。なので生理って話なら割と誰でも団結出来るのは

ありますねw

 

どう生きるか、熱い男黒沢とカイジさん

黒沢は男性像だけじゃなくて、どう生きるかって

話も多く触れます。

世間という巨大な敵に対して、無力などうしようもない

自分がどう立ち向かっていくか、その姿勢。

どうしようもないけど、その一生懸命さが憎めない

親しまれるおっさんなんですよね。

なんだかんだ福本伸行漫画なので、最終的には

普通じゃない人になってしまった感も否めませんが

涙あり、笑いあり、楽しく読みました。

 

黒沢はやっぱりどっちかと言えばカイジさんよりです。

カイジさんみたいに博才はないですけど、

黒沢見ると、ちゃんと真面目に働いて

言動はカイジより浮きまくってるけど

博奕もしないし、社会性はあります。

なのでヤバさで言えばカイジの方が上かなって。

博才があるのでセーフみたいになってますし

今一応莫大な金持ってるので(ワンポーカー時)

セーフみたいになってるけど

無職だし、居候してたんだよなあって

挙句人に裏切られたりだとか

そもそも博奕以外であんまり人と打ち解けてるシーンないし

どっか一匹狼的な所がありますし(かっこいいけどね)

なのでカイジさんが今後真面目に働かないと

黒沢以下になる可能性も大いにありますよね。

もっとも、博奕は不合理なことなので

安全を追い求めるような人間は出来ないししない

みたいにアカギさんも言ってたもんね。

人情家な一面があるので似てますし

いつかこの二人コラボすることないかな…

楽しそうって思ってます。

 

博奕漫画には女子供がそぐわないので出さないという

ルールもお持ちな福本先生の漫画には

やっぱり女の子が出ません。

なのでカイジはこのまま硬派でかっこいいイメージで

居て欲しいなあとも思います。

黒沢には女の子意外に出ます。

でも男より残虐に描かれたり…女性に対してそんな

イメージをお持ちなのだろうか…w

続編の黒沢は更に社会的地位が下がってヤバさが

増してるらしいので楽しみです。

いよいよ博才が・・・なんてことにはならないかw

 

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)