昨日死んだ

コミュ障なので面白いことが言えない根暗なブログ

確かよりも確からしさ②

甘えるつもりがないってのは

私が親し気に有能なこの人たちに近づくのは得策ではないと

思った。

この人たちにがっかりされてしまうだけだから。

寂しさで誰かに迎合してもいいことはない。

彼らの考え方に賛同しているのだ。

 

あと、私は確かに無理な量を振られている。

彼らが言うには、一番の管理職であるKさんが元締め

ではないかって話だ。

確かにKさんの存在が会社を準ブラック的な風習に

していることは否めない。

いくらベンチャーで多少は無理しないとねって

空気だとしても

それが恒常化すれば体質がブラックになることは

想像出来る。

 

せっかくまだ上場目指している赤ちゃん企業なんだからさ。

黒くなる必要はないと思うのよ~

 

だけどどこかで目標を高くして、黒字を目指そうとする

ことも重要で。

でも無理矢理乗り越えた目標は更に高くなるだろうし

更に出来るだろうってなるだろうね。

売る商品の質を高めることが一番ってのは私の考えだ。

営業だって、しょうもない商品なんか売りたかないでしょ。

 

でも個人的な、内省的なことで言えば

私の実力が足りていない点も感じていて

それならなんていうか

多少無理な数字でもついて行こうとも思っている

それは会社として課すのではなく、自分に課すものだけどね。

だから彼らの意見に異論はない。

横の繋がりは更に重要だし。

 

私が会社に求めるものは何だろうって考えた時

私は、昇給があればそれは嬉しいことでいいんだけど

もっと風通しのいい会社ってとこだと思う

なんかようわからん目標でようわからんとこでさせられて

ようわからん経費の飲み会が開かれ、下らんことを話して

そんな暇あるなら人を雇って欲しいし。

会社全体できなくねえよって空気は良い。

だけど、出来ないとかつらいもあるよねって

そういうのを話す相手や部署があってもいいよね。

そういうのあれば、ガス抜きになるし

従業員が何で困っているかわかるじゃんって。

悩み共有していって、一体感が高まれば

やりがいだって感じるじゃんって思うのね。

 

結局お祭りに参加している感とかも付加価値として

必要だと思うのよ

単純に賃金だけで働くなら仕事は他にもあるわけで

これからの時代、賃金上げられないなら

やりがいを付加価値としてつけるしかないじゃん。

ってすごいブラック的な発言だけど

もし働くとしてプラスαの付加価値がないなら

労働は本当無意味な世界だよ。

今後の人生を豊かにするものでないなら。

もちろん賃金は最低限以上保障しての話だけどね。

それが風通しのいい会社で、従業員の不満が少ないか

残業が少なくて、趣味に没頭できるライフワークバランス

が整っているかは、働く人の価値観によるだろうけど。

 

会社がそれなりの給料出しているのなら、

なら、ネクストステップである従業員の満足度だって

大事でしょう。

会社への評価が、広がるものだと思うよ。

離職率だって評価されるだろうし。

 

だから私は、SさんとK君の話に乗るし

自分が向上するためにも、甘えずやろうと思うって話なんだ。

まあこの2人が変えてくれるなら期待してしまっている

のもあるんだけどねw

 

結局ベンチャーで社長のカリスマ性に惹かれ、腰巾着に

なってしまっているイエスマンってその伝説に

毒されているだけなんじゃないかな。

鶴の一声で変えてしまった、みたいな。

伝説見たいだけ、伝説の隣にいる自分に満足しているだけ

なんじゃないのかな